オンラインで修士号を取ろう!The Road to Get MPH

IT企業で仕事をしながら、公衆衛生の修士号を取得するまでのブログです。2015年8月にUniversity of Liverpool Master of Public Health program Management of Health Systems course に合格。

オンライン大学院での Evernoteと辞書の使い方

オンライン大学院では、課題図書が週に5つくらいでます。
週によって変わりますが、課題ひとつあたり5ページくらいの文献を読みます。

土日のどちらかの夜に読んだり、朝会社に行く前の30分を使って、課題図書を粛々と読んでいます。

 

使い方

で、今日紹介したいのは、パソコン上での文献の読み方です。僕は下の写真のような状態で勉強しています。

f:id:massy535:20160126233048p:plain

右側にEvernoteを開き、文献の中で気になったフレーズをコピペしていきます。
(ちなみに、大学院は”盗用”に厳しいです。なので、コピペしたものをそのまま使うことがありませんよ〜。)

そして、使っているパソコンがmacであれば、実際のウィンドウを選択肢なくても、マウスオーバーすればスクロールできるので、左のPDFを読んでいきます。

そして、その下に忍ばせている?辞書を使いながら、わからない単語をどんどん調べていきます。

 

まとめ

基本的には、Evernoteに書き込みやコピペできる状態。

辞書はPDFの下に配置。

PDFを読むときは、辞書を上に載せたまま、マウスオーバーしてスクロールしていくのみ。

※PDFからEvernoteにコピペするときに、辞書が隠れちゃいますが、まあご愛嬌かなーと思っています。

この方法で、結構なスピードと集中力で課題を読むことができるようになりました!

ちゃお