オンラインで修士号を取ろう!The Road to Get MPH

IT企業で仕事をしながら、公衆衛生の修士号を取得するまでのブログです。2015年8月にUniversity of Liverpool Master of Public Health program Management of Health Systems course に合格。

気持ちの課題を解決しているか?〜気楽にいきます。〜

ちょっと、4つの能力シリーズはお休みして。
先ほどツイッターを見ていたら、こんな投稿を見つけました。

 

これについて、私は以下のようにリツイートしました。

 

あれ、自分はどうなんだっけ?

人のツイートにどうこう言う前に、

  • 自分は前を向いて仕事できたいただろうか。
  • 前を向いて勉強できていただろうか。
  • 前を向いて妻と生活していただろうか。

なんとなく、こなしているだけの自分に気づきました。

 

なにがそうさせたのか?

2015年の10月から、オンライン大学院を始めて、仕事・勉強・家のことを3つ並行にやっていくのは正直しんどかった。

  • 仕事はクオリティ80%で仕上げればいい。
  • レポートは期日までに出せばいい。
  • 家事はやればいい。

目の前のことに流されているだけでした。

 

どうするか?

いままでの自分なら、「きちんと向き合う」と考えてたかもしれませんが、もう少し気楽に考えることにしました。

  • 仕事は好きなので、もっと楽しみたいと思います。
  • 勉強も学びたくてやってるから、脳みそをリラックスさせて取り組みたい。
  • 家事は。。。普通にやりますw

 

気持ちの問題は、大きな問題

課題解決のプロセスにおいて重要なのは、

  • 現状を知る
  • 未来、あるべき姿を提示する
  • そこに至るプロセスを考え、実行する

これって、自分の気持ちにおいても同じことが言えると思いました。

自分は今落ち込んでいるのか、焦っているのか、苛ついているのか。楽しむという状態に持っていけるか、喜びにつながっているか。きちんと現状を把握すべきでした。

 

結論

気楽にいきます。全力で気楽に。それが今の答えです。

ちゃお。