読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オンラインで修士号を取ろう!The Road to Get MPH

IT企業で仕事をしながら、公衆衛生の修士号を取得するまでのブログです。2015年8月にUniversity of Liverpool Master of Public Health program Management of Health Systems course に合格。

Module 3 ファイナルレポートを書いています

University of Livepoolの online master of Public Healthの授業は、2〜3ヶ月のModuleという単位で構成されています。

1 Module が、20 credits 

卒業までに、180 creditsが必要です。

 

各Moduleの最後には、ファイナルレポートといって、2500 wordsのレポートが課されています。隔週で書いているレポートの分量が500 wordsなので、5倍の分量を書かなければなりません。

 

ということで、先週と今週は、カフェ(通称スタバ)で朝を過ごすことにしています。妻がスタバに付き合ってくれるので心持ち軽いですが、レポートのことを考えると足取りは重いです。

 

Photo credit: francisco.j.gonzalez via Visualhunt.com / CC BY

 

 オンライン大学院という選択肢をしたということは、リモートで勉強しなきゃいけない理由があります。

現在、マーケティングプロダクトの開発に仕事で関わっていて、どうしても仕事も並行して行いたかったのです。

そして、正直、仕事もしんどい時期。レポートなんて・・・。

 

Photo via Visual hunt

 

そんなとき思い出すのは、じいちゃんの言葉。

「やりたいと思うなら、やりんさい(広島弁)」

そうだ、僕は勉強したいから、仕事がしたいから、両方やっているのです。そう自分に言い聞かせて、レポートに向かうのであります。

 

ささやかな現実逃避でした。

ちゃお。