読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オンラインで修士号を取ろう!The Road to Get MPH

IT企業で仕事をしながら、公衆衛生の修士号を取得するまでのブログです。2015年8月にUniversity of Liverpool Master of Public Health program Management of Health Systems course に合格。

ヘッドホン革命:BOSE QuietComfort 35を買いました

以前の投稿で、ノイズキャンセリングヘッドホンが、オンライン留学には必要であることを書きました。

学生時代からヘッドホンは、AKGと決めていました。AKGのヘッドホンを8年間で3つほど使っていました。

 

しかし、このたび、会社の同僚のおすすめで、BOSEに乗り換えしました。

 

BOSE QuietComfort 35 を購入!

信頼する同僚からの勧めからとはいえ、悩みました。なにせ、4万円弱しますから。

f:id:massy535:20160811135731p:plain

 

https://goo.gl/SfnNOh

 

でも買い換えてよかったです。ヘッドホンへ求めていたことが覆りました。

そんな、自分のヘッドホン観を変えてくれたBOSE QuietComfort 35について、同僚と話した内容を簡単に書きたいと思います。

 

装着感が抜群

いままで、私はヘッドホンは音が一番大事!って思ってました。

でも、ヘッドホンをつけるときって、飛行機の中、新幹線の中、カフェなど家の外で装着することが圧倒的に多いんです。

そうすると「つけてて痛くない」「気持ちいい」ってのがなにより大事です。

BOSEは、飛行機のパイロットと研究してきただけあって、長時間つけてても嫌にならない装着感がありました。

 

Bluetoothが便利

いままで、私はケーブルで音楽を聴くのが一番!って思ってました。

だけど、レコードなどのアナログ音楽を聴かないかぎり、結局は0, 1 の世界に生きているわけです。

そうすると、ケーブルなんかに邪魔されずPC作業をしたり、電車の中で過ごしたりするほうが圧倒的に楽なんです。手ぶら最高です!

 

Appで、10デバイス登録可能、2台接続可能

地味に嬉しい機能です。

Bluetoothって接続したり解除したりするの、面倒だなーと思っていましたが、iPhoneにAppをダウンロードしておけば、解除接続が自由自在です。

会社でも、全社員向けのミーティングがストリーミングで放映されるのですが、Appを使えば一瞬で会社PCに接続できます。

かゆいところに手が届く、そんなヘッドホンなんです。

 

ただし

専用ケースにいれて持ち運びするため、カバンのスペースが必要です。

装着することのメリットを考えると許容できることですが、女性には厳しいこともあるかもしれません(カバンに入れるものがたくさんあるので)。

 

まとめ

買って良かったです。買った日からレポートが、はかどる、はかどる。

高い買い物でしたが、大学院が終わるまでの1年半、ともに戦っていこうと思います。

BOSE QuietComfort 35の専門的なレビューは、巷のガジェットブログをご参照ください。

ちゃお!