読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オンラインで修士号を取ろう!The Road to Get MPH

IT企業で仕事をしながら、公衆衛生の修士号を取得するまでのブログです。2015年8月にUniversity of Liverpool Master of Public Health program Management of Health Systems course に合格。

仕事とオンライン大学院を両立しながら、引っ越ししました。

タイトル通りですが、

引越ししました。

 2016年11月4日に、東京都大田区から江東区に引っ越しました。

f:id:massy535:20161204230108p:plain

オンライン大学院をやりながらの引っ越しは大変・・・

何度か紹介していますが、University of LiverpoolのMaster of Public Healthのコースは、

  • 2週間単位のユニット
  • ユニットごとに、レポートとエッセイが課せられる。
  • ユニット× 3 (or 6) = 1 Module 
  • Module の最後には、Final Reportという通常の3倍の長さのレポートが課されます。
  • 2 Module ごとに1週間の休み

というスケジュールです。

このスケジュールのどこに引越し日をセットするかというのが、とても難しかったです。

隔週水曜日がレポート提出日

今回は、2 Module ごとの休みは日程的に合わなかったため、Moduleの最終に引っ越しをしなければなりませんでした。。。

引っ越しというのは、

  • 準備
  • 引っ越し
  • 荷解き

の3工程で構成されているため、前後の日程もしっかりおさえないといけません。

 

祝日を活かした引っ越しを実行

10月26日(水)レポート提出

11月3日(祝)引っ越しの荷造り

11月4日(金)会社からお休みをいただき、引っ越し

11月5日(土)6日(日)荷解き

11月9日(水)レポート提出

という、レポートとレポートの合間を縫ったスケジューリングでした。

 

公衆衛生では、Preparedness と Mitigation が大切

ちょうどいま授業を受けているdisaster management で、公衆衛生がかかわる4つのフェーズを習いました。

  • Preparedness
  • Mitigation
  • Response
  • Recovery

引っ越しと関連付ける必要はまったくないのですが、やっぱり準備して、できるだけ影響が最小限になるよう計画することが大切だと思いました。

 

まとめ

いや、ただ引っ越しだだけです。

ただ、物事を複数進ませながらやり遂げるのは大変です。しっかり準備して根気強くいきましょう。

引っ越しました。ちゃお。