読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オンラインで修士号を取ろう!The Road to Get MPH

IT企業で仕事をしながら、公衆衛生の修士号を取得するまでのブログです。2015年8月にUniversity of Liverpool Master of Public Health program Management of Health Systems course に合格。

戦略的に睡眠を〜仕事と並行して大学院を進めるコツ〜

眠い

とにかく、毎日眠いです。

やる気がないとか、夜更かしが過ぎるとか、と違って、オンライン大学院をやっていると眠いです。

Photo via mathey via Visualhunt

 

一日3時間をどう確保するか

会社で8時間働く前後、1日3時間くらいは勉強します。

出勤前の1時間と、出勤後の2時間。

一番きついのは、朝イチと出勤後に勉強するというエンジンを掛けることです。一度、勉強モードに入ってしまえば問題ないのですが。

 

鍵は睡眠

やっぱり眠いと効率があがりません。

仕事に追われ、文献を調べて読むのに追われ、レポートを書くのに追われ、家事もきちんとしないといけない。友達とのご飯だって大切にしたい。

どうしても睡眠を削りがちです。

私も先日までは、

  • 26時に就寝
  • 7時半に起きる日々でした。

 

引っ越しを契機に

Photo credit: Tim Franklin Photography via VisualHunt / CC BY-NC-ND

 引っ越してから、生活リズムが安定してきました。ご飯も自炊を中心にして、出汁をよく取るようになってから調子がすこぶるいいです。

睡眠週間も見直しています。

  • 24時半に就寝
  • 7時に起床

と6時間半寝るようにしたら、勉強も仕事の調子もあがってきました。

 

睡眠を確保するために

勉強を少しだけサボるようにしました。サボるというのは

  • タスクをクラスメイトと協力する
  • 無理にクラスメイトをカバーしない
  • 文献は必要な部分を中心に読み、全部読まない
  • レポートは書く内容を決めて、それに合う論文を探す

これだけで、効率がぐっと上がって、夜の睡眠時間を早めることができたと思います。

 

見直しにあたって、こんな本も読みました。

 

最後に 

オンライン大学院と仕事、さらには家庭を並行させるととても忙しいですが、

寝ましょう。

寝ると人生が変わります。世界が明るく見えますw

ちゃお。